本ページはプロモーションが含まれています。

ワキガ改善には手術がベストなのか?

ワキガ手術

 

 

ワキガに悩むと改善方法は手術しかない?

 

と思いいがちですができれば手術は避けたい…というのが本音でしょう。

 

手術は時間も費用もかかっちやうので、自分でできる方法でワキガが改善できればそれに越したことはないわけですが…

 

人の脇の下にはアポクリン腺とエクリン腺という汗腺と皮脂腺とがあります。

 

ワキガとは脇の下にあるアポクリン腺から分泌される汗が原因で強い臭いを発する体質のことをいいます。

 

アポクリン腺から分泌される汗そのものに臭いはありません。

 

 

しかし、エクリン腺から分泌される汗や皮脂腺から分泌される脂肪分と混じって皮膚や腋毛などにいる常在菌によって分解されることにより臭いが発生するものです。


 

 

ワキガ手術の治療方法

 

アポクリン腺は性ホルモンの影響を受けるとされており思春期以降に分泌が活発になります。

 

ワキガの治療は一般的に皮膚科や美容外科で行われています。

 

ワキガはアポクリン腺やエクリン腺皮脂腺などを除去する手術によって治療することができます。

 

直視下手術法

 

ワキガの手術による治療方法は2種類あり、ひとつは医師が直接手元を見て行なう直視下手術法です。

 

この方法には切除法と剪除法の2つの種類があります。

 

どちらも重度のワキガの人向けで切除法は腋毛の生えている皮膚を取り除く方法です。

 

アポクリン腺の取り残しがないので非常に再発の低い方法と言われています。

 

剪除法は脇の下を切開し器具を使って、アポクリン腺と皮脂腺を掻き出すように除去する方法です。

 

アポクリン腺を確実に除去できるので多くの病院で行われている方法です。

 

ただし、他の手術法に比べると傷跡の長さが長くなります。

 

非直視下手術法

 

それから非直視下手術法もあります。

 

これは術後の傷跡を考慮した手術法になっています。

 

皮下組織吸引法、超音波吸引法、皮下組織削除法などがあります。

 

皮下組織吸引法は吸引機のようなものでアポクリン腺やエクリン腺、脂肪腺などを吸引する方法です。

 

皮膚に小さな穴をあけるだけなので、傷口が目立たないというメリットがある一方、アポクリン腺が残ってしまうこともあります。

 

超音波吸引法

 

超音波吸引法は皮下組織吸引法をベースにした手術法で超音波を発生させ、アポクリン腺などの汗腺を破壊しながら吸引していきます。

 

皮下組織吸引法よりも効果が高いとされていますが、アポクリン腺を全て取り除くのは難しいと言われています。

 

皮下組織削除法は特殊な機械を使用して、皮下組織ごと削りアポクリン腺やエクリン腺を除去する方法です。

 

傷口は小さく効果も高いとされていますが、ワキをしばらく固定する必要があり回復までに時間がかかります。

 

また、医師にも高い技術力が必要で、過去には器具の操作を誤って皮膚に穴が空いてしまったというトラブルも起こっています。

 

 

ワキガディーアジカ

 

 

このように、腋臭を手術で治療することも可能ではありますが費用も時間もかかっちゃいますから

 

できることならディーアジカを使って常日頃からケアをしておくことをおすすめします。

 

D AJICAユーザーの口コミは